「skyscraper」がどうして「超高層ビル」という意味になるの?

結論:「skyscraper」には、「空をこする高いもの」という意味があるからです。

かなのん

「skyscraper」の意味を辞書で調べると「超高層ビル」、「摩天楼」という和訳は出てきますが、その由来まで説明があるのは見かけません。今回はその由来についてやさしく説明します。

「skyscraper」の「sky」は「空」という意味です。

「sky」は「空」という意味です。

例文1

The sky was blue and beautiful. は青くそして美しい。

例文2

There are no clouds in the sky. には雲ひとつない。

例文3

The sky filled with stars. は星でいっぱいだ。

「fill with」=「〜でいっぱいになる」

「skyscraper」の「scrape」には「こする」、「削り取る」という意味があります。

「scrape」には「こする」、「削り取る」という意味があります。

例文4

I scraped my shoes clean. 私は自分の靴をこすってきれいにした。

例文5

She scrapes the scales off a fish. 彼女は魚のうろこを削り落とす

「skyscraper」の最後の「er」は「~をする人・もの」という意味があります。

「skyscraper」の最後の「er」は「~をする人・もの」という意味があります。

動詞や名詞のあとに「er」または「or」をつけて「~をする人・もの」という意味の単語になります。

  • 「play」(する)+「er」(~をする人・もの)→「player」(プレイヤー)
  • 「photograph」(写真)+「er」(~をする人・もの)→「photographer」(写真家、カメラマン)
  • 「act」(演じる)+「or」(~をする人・もの)→「actor」(俳優)

なお、「ist」や「ian」、「ant」などの形も同様に「〜する人」という単語を作ります。

  • 「art」(芸術)+「ist」(~をする人・もの)→「artist」(芸術家、アーティスト)
  • 「music」(音楽)+「ian」(~をする人・もの)→「musician」(音楽家、ミュージシャン)
  • 「participate」(参加する)+「ant」(~をする人・もの)→「participant」(参加者)

全体で「空をこする高いもの」、つまり「超高層ビル」という意味になります。

「sky」(空)を「scrape」(こする)+「er」(もの)で、「空をこする高いもの」という意味になります。

ちょうどこのイメージ写真のように、超高層ビルを下から見上げたときに、まるで天まで届いて空をこするほど高い建物に見えるからですね。

まとめ

「skyscraper」がどうして「超高層ビル」という意味になるの?

結論:「skyscraper」には、「空をこする高いもの」という意味があるからです。

  • 「skyscraper」の「sky」は「空」という意味です。
  • 「skyscraper」の「scrape」には「こする」、「削り取る」という意味があります。
  • 「skyscraper」の最後の「er」は「~をする人・もの」という意味があります。
  • 全体で「空をこする高いもの」、つまり「超高層ビル」という意味になります。
かなのん

このようにして理解すると単語も覚えやすくなりますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です