【スッキリ!もう迷わない!】「There is no~」と「There are no~」の違いは?2つの原則と2つの例外で解説

今回は、「There is no~」と「There are no~」のルールについて説明します。

これを見終わった後には、「There is no~」と「There are no~」の正しい使い分けができるようになりますよ!

かなのん

まず音声について説明させてください。

これからご紹介する例文のうち、左側に以下のマークがついているものがあります。

PCの場合はマウスのカーソルを、スマートフォンやタブレットの場合は指を、このマークがある英文に合わせてクリックまたはタップするとマークの色が以下のように変わり、音声が再生されます。

何度も繰り返し聞いて表現を丸ごと覚えましょう!

原則1.後に続く名詞が不可算名詞(数えられない名詞)なら「There is no~」を使う

後に続く名詞が不可算名詞(数えられない名詞)なら「There is no~」を使います。

There is no escape from fate.

運命からは逃げられない。

There is no time to lose.

時間の猶予はありません。

There is no smoke without fire.

火のない所に煙は立たぬ。

There is no need to hurry.

急ぐ必要はない。

原則2.後に続く名詞が可算名詞(数えられる名詞)なら「There are no~」を使う

後に続く名詞が可算名詞(数えられる名詞)なら「There are no~」を使います。

これは原則(ルール)ですので、「なぜ?」と思わずにこのまま覚えてしまうのがいいと思います。

There are no plans to build new offices.

新しいオフィスを建てるという計画はない。

There are no secure jobs these days.

最近は安定した仕事がない。

There are no winners in a divorce.

離婚には勝者はいない。

There are no applicants for the job.

その仕事への応募者はいない。

かなのん

まずはこの2つの原則を覚えておけば大丈夫です。

かなのん

次に2つの例外を覚えましょう。

この例外も理解すると「There is no~」と「There are no~」のどちらを使うべきかで迷うことがなくなりますよ。

例外1.後に続く名詞が可算名詞(数えられる名詞)であっても、通常一つしかないものには「There is no~」を使う

もともと複数あることが想定されないものであれば、「There is no+単数形」の形で表現します。

There is no schoolyard in my school.

私の学校には校庭がない。

普通は学校には校庭は一つですので、「schoolyard」と単数形とした上で「There is no〜」とするのが自然です。

There is no desk for me.

自分用の机がない。

通常、自分の机は一つあれば十分ですので、この場合も「There is no+単数形」の形で表現するのが自然です。

There is no refrigerator in my house.

私の家には冷蔵庫がない。

これも同じ考え方です。家庭には冷蔵庫はたいてい一つあれば十分ですので「There is no+単数形」の形で表現するのが自然です。

例外2.後に続く名詞が可算名詞(数えられる名詞)であっても、否定を強めたい場合は「There is no~」を使う

後に続く名詞が可算名詞(数えられる名詞)であっても、否定を強めたい場合は「There is no~」を使います。

このルールでの使い方は、慣用表現で多く見られます。

There is no royal road to learning.

学問に王道なし

There is no rose without a thorn.

トゲのないバラなどない(きれいなバラにはにはトゲがある)

There is no friend so faithful as a good book.

良書ほど忠実な友はない。

There is no place like home.

我が家に勝るところなし

かなのん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ぜひ一緒に英語のレベルアップをしましょう!

おすすめ記事・カテゴリー

Follow me!