【2分でスッキリ!】「ライブ」は英語で「live」でいいの?

結論:正しくありません。「concert」または「live show」を使いましょう。

かなのん

今回もやさしく説明します。

かなのん

まずは音声について説明させてください。

これからご紹介する例文のうち、左側に以下のマークがついているものがあります。

PCの場合はマウスのカーソルを、スマートフォンやタブレットの場合は指を、このマークがある英文に合わせてクリックまたはタップするとマークの色が以下のように変わり、音声が再生されます。

何度も繰り返し聞いて、表現を耳から覚えて自分のものにしましょう!

「live」(ライブ)のもともとの英語の意味

かなのん

「live」(ライブ)は、形容詞で、「生きている」、「生の」、「鮮やかな」といった意味があります。

a live lion

生きているライオン

a live broadcast

生放送

live music

生演奏

a live color

鮮やかな色

なぜ日本語では「ライブ」が「コンサート」を意味するようになったのか?

かなのん

英語の「live」(ライブ)には、「コンサート」、「(生演奏としての)ライブ」といった意味はありません。

それではなぜ日本語では「ライブ」が「コンサート」を意味するようになったのでしょうか。

それは先ほど説明の「live」の「生の」という意味と深い関係があります。

「live」を「music」、「performance」といった単語と組み合わせることで、

live music

生演奏

live performance

実演

といった、日本語の「ライブ」に近い表現になります。

いつの間にか日本語では、この「live」(ライブ)だけで、生演奏のコンサートを表すようになったのだと考えられます。

「ライブ」の正しい英訳について

かなのん

冒頭に申しあげたとおり、「ライブ」の英訳としては「concert」または「live show」を使いましょう。

「concert」はイメージとしては大きな会場で行うもので、どちらかというと音楽の演奏に限定されます。

「live show」は、音楽に限らず、演劇なども含まれます。

会場の大小は関係ありません。

(〇 正しい例文)

I am going to a concert.

私はコンサート(ライブ)に行く予定です。

(× 誤った例文)

I am going to a live.

(〇 正しい例文)

We saw his live show yesterday.

昨日私たちは彼のライブを観ました。

(× 誤った例文)

We saw his live yesterday.

「ライブ」の他の表現について

「gig」も日本語の「ライブ」を表す単語として使われています。

「gig」には「短期間の仕事」といった意味もあります。

辞書によっては、「gig」を「ロックやジャズの演奏」として説明しているものもあります。

They played a gig in Osaka.

彼らは大阪で演奏会を行った。

「live」のその他の意味について

「live」には動詞として「住む」といった意味もあります。

「live」の動詞としての発音は「リブ」に近くなります。

I live in Tokyo.

私は東京に住んでいます。

かなのん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。