音声付!「mind」を使った許可を求める表現とその受け答え

かなのん

今回は、「mind」を使った許可を求める表現についてやさしく説明いたします。

かなのん

はじめに音声について説明させてください。

これからご紹介する例文のうち、左側に以下のマークがついているものがあります。

PCの場合はマウスのカーソルを、スマートフォンやタブレットの場合は指を、このマークがある英文に合わせてクリックまたはタップするとマークの色が以下のように変わり、音声が再生されます。

何度も繰り返し聞いて、表現を耳から覚えて自分のものにしましょう!

「Do you mind if~」で「~をしてもいいですか?」

Do you mind if~」で「~をしてもいいですか?」という意味になります。

Do you mind if I join you?
加わってもいいですか?

Do you mind if I sit here?
ここに座ってもいいですか?

Do you mind if I smoke?
たばこを吸ってもいいですか?

「mind」の意味について

「mind」は「マインド」として日本語にもなっています。名詞として、「心」、「精神」、「知力」といった意味があります。

動詞としては、「いやがる」、「迷惑に思う」、「気にする」といった意味があります。

よって、先ほどの例文は、日本語としては少し不自然ですが、以下の通り訳すことができます。

Do you mind if I join you?
もし私が加わったら、あなたはいやですか?

Do you mind if I sit here?
もし私がここに座ったら、あなたにはご迷惑ですか?

Do you mind if I smoke?
もし私がたばこを吸ったら、あなたは気にされますか?

「mind」の動詞としてのニュアンスが伝わりましたでしょうか。

「Do you mind if~」の受け答えについて

先ほどご説明の通り、「Do you mind if~」は「もし~したら気にするか」という質問になります。

その質問に対するその回答が「気にならない」、つまり「OK」、「いいですよ」ということであれば、以下の通りとなります。

Do you mind if I join you?
もし私が加わったらあなたはいやですか?

No, of course not.
いいえ、もちろんそのようなこと(いやということ)はありません。

「気にしますか?」と聞かれて、「気にしません」と答えているわけです。自然な日本語訳は以下の通りです。

Do you mind if I join you?
加わってもいいですか?

No, of course not.
はい。もちろんいいですよ。

英語だと「No」なのに、日本語訳は「はい」となっています。はじめて学習される方はとまどうかもしれませんね。

繰り返しになりますが「Do you mind if~」は「もし~したら気にするか」という質問です。

その回答として「(されても)気にしない」、「かまいません」と許可を与えるのであれば「No」になります。

反対に「(されたら)気にする」、「やめてほしい」ということであれば「Yes」になるわけです。(「Yes」は直接すぎますので避けましょう。後で説明します。)

ちょっとややこしいですね。

受け答えのパターンについて

受け答えのパターンをいくつかご紹介します。先ほど説明した、英文と和訳の逆転現象にご注意ください。

許可を与える場合は「No」

No, not at all.
いいえ。少しもそのようなことはありません。(つまり「いいですよ」という意味です。)

No, it’s OK.
いいえ。大丈夫です。(同上)

No. I don’t mind.
いいえ。気にしません。(同上)

許可を与えない場合は「Yes」が文法的には正しいが要注意

(Do you mind if I smoke? たばこを吸ってもいいですか?)に対して

Do you mind if I smoke?
たばこを吸ってもいいですか?

Sorry, but I do not like the cigarette smoke.
ごめんなさい。でも、私はたばこの煙が苦手なんです。

このように、最初に「Sorry, but」などと前置きして、次に断る理由を述べるのが丁寧です。

Yes, I do mind. 「私は気にします(迷惑に思います。)」などは直接的すぎますので避けましょう。

以下のようないい方であれば多少雰囲気は和らぎます。

Do you mind if I smoke?
たばこを吸ってもいいですか?

Yes, I’m afraid I do.
悪いんですけど、気になります。

「Do you mind if~」以外のパターン

「Would you mind my +動詞ing」:私が~してもよろしいでしょうか?

「Would you mind my +動詞ing」の形で、より丁寧に「私が~してもよろしいでしょうか」という表現になります。

Would you mind my joining you?
加わってもよろしいでしょうか?

Would you mind my sitting here?
ここに座ってもよろしいでしょうか?

Would you mind my smoking?
たばこを吸ってもよろしいでしょうか?

「Mind if~」:〜してもいい?

逆に、「Do you mind if~」から「Do you」を除いて「Mind if~」とすると、よりカジュアルな表現になります。

Mind if I join you?
加わってもいい?

Mind if I sit here?
ここに座ってもいい?

Mind if I smoke?
たばこを吸ってもいい?

おまけ「Don’t mind」と「ドンマイ」

日本語の「気にするな」、「くよくよするな」という意味の「ドンマイ」は「Don’t mind」に由来しています。

しかしながら、これは和製英語です。

実際には、「気にするな」、「くよくよするな」という意味で「Don’t mind」を使うことはできません。

最後に

いかがでしたでしょうか。理解が深まりましたでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。