おさえておきたい「can」の5つの基本的な文法

「can」について基本から教えてほしい!

かなのん

かしこまりました。

基本が大事ですので、今回もやさしく説明します。

「can」の文法上の位置づけ

本ブログは「やさしく説明すること」を目的としていますので、文法用語を使うのはできるだけ避けたいのですが、「can」は文法上は助動詞になります。

他の助動詞(willなど)と共通の文法上の注意点をご紹介します。

おさえておきたい「can」の5つの基本的な文法

三人称単数の場合に「s」はつけない

三人称単数が主語の場合、「can」は「cans」となりません。「can」のままです。

例文1(正しい例)

(〇) She can speak Japanese. (〇)彼女は日本語を話すことができます。

例文2(誤った例)

(×) She cans(×) speak Japanese. (×)彼女は日本語を話すことができます。

質問や否定形では「do」はつけない

質問や否定形では「do」はつけません。例文で確認しましょう。

質問の場合

例文3(正しい例)

(〇)Can you drive a car? (〇)車の運転はできますか。

例文4(誤った例)

(×)Do you can drive a car?  (×)車の運転はできますか。

否定形の場合

例文5(正しい例)

(〇) I cannot swim. (〇)私は泳げません。

例文6(誤った例)

(×)I do not can swim. (×)私は泳げません。

「can」のあとには動詞の原形がつく(「to+動詞の原形」ではない)

「can」のあとには動詞の原形がつきます。「to+動詞の原形」ではありません。

例文7(正しい例)

(〇)I can read this book. (〇)私はこの本を読むことができます。

例文8(誤った例)

(×)I can to read this book. (×)私はこの本を読むことができます。

「to can」、「canning」、「have could」のような使い方はできない

「to can」(できること)、「canning」(できている)、「have could」(できている(過去分詞形))のような使い方はできません。

それぞれ、別の表現で言い換える必要があります。

「できる」という「可能性、能力」を表す表現としては、「be able to」に置き換えるのが通常です。

例文9(正しい例)

(〇) I want to be able to eat more. (〇)もっと食べることができるようになりたい。

例文10(誤った例)

(×) I want to can eat more. (×)もっと食べることができるようになりたい。

例文11(正しい例)

(〇)She will be able to speak French soon. (〇)彼女はすぐにフランス語を話せるようになるだろう。

例文12(誤った例)

(×)She will can speak French soon. (×)彼女はすぐにフランス語を話せるようになるだろう。

例文13(正しい例)

(〇)He has always been able to play the guitar well. (〇)彼はいつも上手にギターを演奏できる。

例文14(誤った例)

(×)He has always could play the guitar well. (×)彼はいつも上手にギターを演奏できる。

「can」の過去形は「could」

「can」の過去形は「could」です。

例文15

I could swim. 私は泳ぐことができた。

ただし、「could」には、「できた」という過去形の意味のほかに、仮定法と呼ばれる意味・用法がありますので注意が必要です。

参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

「can」に関する別の記事のご紹介です。合わせてご覧いただければ幸いです。

まとめ

おさえておきたい「can」の5つの基本的な文法

  • 「「can」の文法上の位置づけ
  • 三人称単数の場合に「s」はつけない
  • 質問や否定形では「do」はつけない
  • 「can」のあとには動詞の原形がつく(「to+動詞の原形」ではない)
  • 「to can」、「canning」、「have could」のような使い方はできません
  • 「can」の過去形は「could」
  • 参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です