「can」を使った許可を求める会話表現をマスター!

かなのん

今回もやさしく説明します。

「can」のもっとも一般的な意味・用法

「can」にはいくつかの意味・用法があります。

もっとも一般的なのは「~ができる」という「能力」の意味・用法です。

Can you speak Japanese?

あなたは日本語を話すことができますか。

これは「能力がある」という意味・用法での「can」ですので、「あなたには日本語を話す能力がありますか」との言い換えも可能です。(少し不自然な和訳ですが)

今回はこれとは別に、「can」を使った許可を求める会話表現をご紹介します。

「can」を使った許可を求める会話表現

さっそく例文を見ていきましょう。

Can I ask you something?

お尋ねしてもいいですか。

Yes, of course you can.

もちろんいいですよ。

この例文の「can」は「~ができる」という「能力」の意味・用法ではないことがお分かりになりますでしょうか。

「私にはあなたに尋ねる能力がありますでしょうか」とは聞いていないわけです。

(映画館にて)

Can we have two tickets for the Max-man, please? 

マックスマン(架空の映画のタイトル)のチケットを二枚いただけますか。

(友人の家にて)

Can I have some more pie?

もっとパイを食べてもいい?

No, I’m afraid you can’t. 

悪いけどできません。

「could」を使うとより丁寧になる

「could」を使うとより丁寧な表現になります。

Could I ask you something?

お尋ねしてもよろしいでしょうか。

受け答えの注意点

なお、許可を求める「could」に対する受け答えの際は注意が必要です。

「Yes, you could」とは言いません。「Could I~?」につられて「Yes, you could」または「No, you couldn’t」と言わないようにしましょう。

以下のように言います。

Could I ask you something?

お尋ねしてもよろしいでしょうか。

Yes, of course you can.

もちろんいいですよ。

「may」、「might」とのニュアンスの違い

「may」、「might」も許可を求める表現として使われます。「may」、「might」は、「can」、「could」よりもフォーマルな表現です。

May I ask you something?

お尋ねしてもよろしいでしょうか。

Might I use your pen?

ペンをお借りしてもよろしいでしょうか。

人によっては、「may」、「might」を使うほうが、許可を求める表現としてより正しいとする考えもあるようですが、「can」、「could」は日常会話では問題なく広く使われています。

参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

「can」に関する別の記事のご紹介です。合わせてご覧いただければ幸いです。

(参考)「mind」を使った許可を求める表現

まとめ

「can」を使った許可を求める会話表現について

  • 「can」のもっとも一般的な意味・用法
  • 「can」を使った許可を求める会話表現
  • 「could」を使うとより丁寧になる
  • 「may」、「might」とのニュアンスの違い
  • 参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です