英語の上達には語彙力(ボキャブラリー)アップがとても重要である3つの理由(TOEIC 、英検対応)

かなのん

今回は、英語の上達には語彙力(ボキャブラリー)アップがとても重要である3つの理由についてご説明いたします。

私の保有資格について確認されたい方はこちらをご参照ください。

語彙力(ボキャブラリー)とは

英語学習上における語彙力(ボキャブラリー)とは、知っている英単語・熟語の量のことです。

これが多ければ多いほど英語の実力アップになります。その理由をご説明いたします。

リーディング強化になる

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、知っている英単語や熟語が多ければ、それだけ英語の文章がスラスラ読めるようになります。

また、語彙力(ボキャブラリー)が豊富であれば、知っている単語・熟語が増えることはもちろん、知らない単語があっても他の知っている単語や熟語の意味、前後の文脈を手がかりに、知らない単語の意味やその文章が伝えたい概要を類推することができる可能性も高くなります。

例えば、10個の英単語でできている英文のうち、5つが知らない単語であればお手上げ状態ですが、知らない単語が1〜2つ程度でしたらその単語の意味や文章の大まかな意味を把握できるかもしれません。日本語と同じですね。

リスニング強化にもなる

多くの英単語や熟語を正しい発音で覚えれば、英語の聞き取りが楽になります。

逆を言えば、せっかく「英語耳」ができていても、その単語の意味を知らないのであれば宝の持ち腐れになってしまいます。

英会話においても語彙力(ボキャブラリー)は大事です。ネイティブの方が「get」や「take」を使った平易な表現ばかりで話しかけてくれるわけでないからです。

自分の語彙力(ボキャブラリー)が豊かになれば、相手の会話を理解するのも簡単になります。

スピーキング強化にもなる

多くの言葉を知っていれば、表現力が豊かになり、それだけ相手に伝えたいことを的確に伝えることができますので、スピーキング強化にもなります。

いくら発音がきれいでも、語彙力(ボキャブラリー)が乏しければそれを活かしきれないのはとてももったいないです。

私は英検一級の二次試験(スピーキング試験)も語彙力(ボキャブラリー)を背景になんとか乗り切ることができました。

ネイティブの方でも使わないような難解な英単語を会話で駆使する必要はありませんが、自分が伝えたいことを確実に伝えるためにはそれなりの語彙力(ボキャブラリー)は必要です。

関連記事

まとめ

英語の上達には語彙力(ボキャブラリー)アップがとても重要である3つの理由(TOEIC 、英検対応)

  • 語彙力(ボキャブラリー)とは
  • リーディング強化になる
  • リスニング強化にもなる
  • スピーキング強化にもなる
かなのん

バランス良くそれぞれのスキルを高めるのが理想だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です