「can」を用いて、能力・可能性について「〜できる」を表す表現

かなのん

今回は「can」を用いて、能力・可能性について「〜できる」を表す表現を説明します。

能力として「〜できる」の「can」

ポイント
「can」で能力として「〜できる」ことを表現することができます。

I can swim.

私は泳ぐことができる。

I can read this book.

私はこの本を読むことができる。

I can speak Japanese, but I can’t speak English.

私は日本語を話すことはできるが、英語を話すことはできない。

可能性として「一般的に〜できる」の「can」

ポイント
可能性として「一般的に〜できる」ことを「can」を用いて表現することができます。

You can skate on the lake in winter. 

冬にはその湖でスケートができる。

技術・能力としてスケートが「できる」かどうかではなく、スケートができるほど十分に湖の水が凍っているから「できる」ということを表しています。

You can’t park here. 

ここに駐車することはできない。

車を運転してその場所に駐車させることが技術・能力として「できない」ということではなく、駐車禁止区域として禁止されているので「できない」ということを表しています。

可能性として「時には〜になりうる」の「can」

ポイント
可能性として「時には〜になりうる」ことを「can」を用いて表現することができます。

That animal can be very dangerous.  

あの動物は(時には)とても危険になりうる。

The weather conditions of the mountain can be unpredictable. 

山の気象状況は予測できない時がある。

未来のことを表現する場合

ポイント
「(将来)できるようになる」と未来のことを表す場合には通常、「will be able to」の形を使います。

(正しい例)

(〇)She will be able to speak French soon. (〇)彼女はすぐにフランス語を話せるようになるだろう

(誤った例)

(×)She will can speak French soon. (×)彼女はすぐにフランス語を話せるようになるだろう。

(正しい例)

(〇)If you save now, you will be able to buy a house soon. 今から貯金すれば、すぐに家を買えるようになるよ。

(誤った例)

(×)If you save now, you will can buy a house soon. 今から貯金すれば、すぐに家を買えるようになるよ。

未来の決定に関する「can」について

ポイント
未来のことについて今決めている場合には「can」を使うことができます。

Can you deliver the goods by April 1st?

4月1日までに荷物を配達することができますか。

I can go there on Monday.

月曜日にそこに行くことができる。

参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

「can」に関する別の記事のご紹介です。合わせてご覧いただければ幸いです。

まとめ

「can」を用いて、能力・可能性について「〜できる」を表す表現

  • 能力として「〜できる」の「can」
  • 可能性として「一般的に〜できる」の「can」
  • 可能性として「時には〜になりうる」の「can」
  • 未来のことを表現する場合
  • 未来の決定に関する「can」について
かなのん

活用のイメージがつかめましたでしょうか。

「can」についてより詳しくチェックされたい方はこちらをご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です