ロックダウン(lockdown)の語感・意味について

かなのん

すっかり日本語にもなった「ロックダウン」ですが、どのような語感・意味があるのでしょうか。

ロックダウン(lockdown)の「lock」について

ポイント
ロックダウンの「ロック」は「lock」で「錠、錠前」という意味です。

なお、日本語では「錠、錠前」と、それを開けるための「鍵(カギ)、キー」の両方ともカギと言うことがありますが、英語では使い分けます。

錠、錠前という意味でのカギ・・・lock

錠、錠前を開けるために差し込むカギ・・・key

例文1

Please try lubricating the lock with oil. 錠前に油をつけて滑りやすくしてみてください。

「lubricate」=(油などをつけて)潤滑する、滑りやすくする、潤滑油をぬる

例文2

Insert the key into the lock. キー錠前に差し込んで。

こちらは「key」と「lock」の両方が含まれている例文です。また、同じ「ロック」でも「rock」は「岩」という意味になります。注意しましょう。

動詞としての「lock」

ポイント
「lock」には、動詞で「鍵を閉める、鍵をかける」という意味があります。

例文3

Did you lock the door? 鍵を閉めた

例文4

She forgot to lock the back door. 彼女は裏のドアに鍵をかけるのを忘れた。

ロックダウン(lockdown)の語感・意味について

辞書でロックダウン(lockdown)の意味を調べるとまず最初に出てくるのが、暴動を鎮めるために囚人を監房に閉じ込めておくこと」という意味です。

監房の「lock(錠、錠前)」閉める(down)ことにより、囚人の動きを物理的に制御するという意味です。

これが転じて、暴動や感染症、事件、事故から身を守るために、特定の建物・地域の出入りを制限することをロックダウン(lockdown)として使うようになりました。

実際にその地域一帯にカギをかけない場合であっても、法律などによって行動を制限する場合もロックダウン(lockdown)として広く使われています。

また、「ロックダウンの状態に移行すること」を「go into lockdown」、「ロックダウンの状態にあること」を「on lockdown」で表します。

例文5

The school went into lockdown for a few hours. その学校は数時間ロックダウンを行った(外出禁止となった)。

例文6

Prisoners have been placed on lockdown. 囚人たちは監房に閉じ込められている。

ロックダウン(lockdown)の語感・意味についてお分かりいただけましたでしょうか。

関連記事

まとめ

ロックダウン(lockdown)の語感・意味について

  • ロックダウン(lockdown)の「lock」について
  • 動詞としての「lock」
  • ロックダウン(lockdown)の語感・意味について
かなのん

単語の意味や本来の使い方が分かると、理解が深まりますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です