【could have+過去分詞】実現しなかった過去の能力・可能性の表現

今回は「could have+過去分詞」で、実現しなかった過去の能力・可能性について表す表現を説明します。

「could have+過去分詞」について

ポイント
「could have+過去分詞」で、過去の出来事について「(実際には試みなかったが)~することができた」という意味になります。

I could have harmed anybody I wanted to. 

私は危害を与えたい人は誰でも危害を加えることができた。

could have harmed」が「could have+過去分詞」の形になります。「危害を加えることができた」と訳していますが、実際には「危害は加えていない」ことを表し、「実際には危害を加えなかったが、やろうと思えばできた」ということになります。

I could have passed the examination.

私はその試験に受かっていた。

could have passed」が「could have+過去分詞」の形になります。

通常通り試験を受けていれば合格できたはずではあるが、実際には試験を受けなかった、あるいは受けたが何らかの理由でじゃまされ、本来の能力を発揮できずに不合格となったというニュアンスがあります。

We could have jumped for joy.

私たちは飛び立つほどうれしかった。

could have jumpedが「could have+過去分詞」の形になります。

過去の出来事に関して、飛び立ちたいほどうれしかったことを比ゆ的に表現していますが、実際には飛び立っていないことになります。

That accident could have been avoided.

あの事故は避けられたはずだ。

could have been」が「could have+過去分詞」の形になります。このように受け身の文章でも使うことができます。

実際には起こってしまった(避けられなかった)事故について「避けられたはずだ」と振り返っているわけです。

否定形「could not have+過去分詞」について

ポイント
否定形の「could not have+過去分詞」は、過去の出来事について「(実際には試みなかったが、仮に試みたとしても)~することができなかった」という意味になります。

The earthquake could not have been foreseen.

その地震は予測できなかった。

仮に地震が起こる前に予測を試みたとしても予測はできなかった、ということです。

We could not have succeeded without your help.

あなたの助けがなかったら、私たちは成功できなかった。

もし過去に援助がなかったとしたら、成功することはできなかったが、実際にはその援助のおかげで成功することができたということになります。

「could have+過去分詞」を用いた、非難の表現について

ポイント
「could have+過去分詞」で、実現していない過去の出来事について「~することができたのに」と非難する表現にもなります。

You could have helped us.

あなたは私たちを助けることができたのに。

実際には助けてもらえなかった相手に対して、実際には助けることができた、と非難している表現です。

You could have arrived on time.

あなたは時間通りに到着することができたのに。

(※「on time」=時間通りに)

実際には時間に遅れた相手に対して来られたはずだと非難しているわけです。

参考(「can」に関する別の記事のご紹介)

「can」に関する別の記事のご紹介です。合わせてご覧いただければ幸いです。

まとめ

「could have+過去分詞」で、「できたはず」と実現しなかった過去の能力・可能性について表す表現

  • 「could have+過去分詞」について
  • 否定形「could not have+過去分詞」について
  • 「could have+過去分詞」を用いた、非難の表現について
かなのん

使いこなせれば表現の幅が広がると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です