【すぐに使える】お詫びや謝罪の気持ちを伝える英会話(知っておきたい英単語10選とその例文)

今回は、お詫びや謝罪の気持ちを伝える英会話(知っておきたい英単語10選とその例文)についてご説明します。

sorry「申し訳ないと思う」、「悪いと思う」

ポイント
「sorry」は「申し訳ないと思う」、「悪いと思う」という意味を持つ形容詞です。

I’m sorry. I stamped on your foot. 

ごめんなさい。あなたの足を踏んでしまいました。

I’m terribly sorry about this problem. 

この問題に関しては本当に申し訳ないと思います。

I’m awfully sorry. I’ve broken a glass. 

誠に申し訳ございません。グラスを壊してしまいました。

wrong「間違った」、「誤った」、「悪い」

ポイント
「wrong」は「間違った」、「誤った」、「悪い」という意味を持つ形容詞です。

Perhaps I am wrong.

私が間違っていたかもしれません。

Sorry, I am wrong.

ごめんなさい。私が悪かったです。

forgive「許す」

ポイント
「forgive」は「許す」という意味を持つ動詞です。

Forgive me for interrupting.

話に割り込むことをお許しください。

 I hope you’ll forgive me.

あなたが私を許してくださるといいのですが。

I am very sorry and please forgive me.

申し訳ございません。どうぞお許しください。

fault「落ち度」、「過失」、「誤り」

ポイント
「fault」は「落ち度」、「過失」、「誤り」という意味を持つ名詞です。

I’m really sorry. It’s all my fault.

本当にごめんなさい。すべて私の落ち度です。

 I admit it was my fault.

私の過失であったと認めます。(※admit=認める)

excuse「許す」、「勘弁する」

ポイント
「excuse」は「許す」、「勘弁する」という意味を持つ動詞です。(名詞としての意味もあります)

動詞としての「excuse」

Excuse me for my impolite question.

無礼な質問することをお許しください。(impolite=無礼な、失礼な)

Please excuse me for arriving late.

遅刻したことをどうぞお許しください。

名詞としての「excuse」

「make my excuses」の形で「(会議などの)欠席をお詫びする」という意味になります。

Please make my excuses at the meeting tomorrow.

申し訳ございませんが、明日の会議は欠席とさせてください。

I’m afraid I’ll have to make my excuses .

残念ながら私は欠席せざるを得ません。

apology「謝罪」、「お詫び」

ポイント
「apology」は「謝罪」、「お詫び」という意味を持つ名詞です。「my apologies」のように複数形で使います。

Please accept my apologies.

どうか私の謝罪を受け入れてください。

Please convey my apologies to him.

私の謝罪を彼に伝えてください。

apologize「謝罪する」、「お詫びする」

ポイント
「apologize」は「謝罪する」、「お詫びする」という意味を持つ動詞です。

I apologize for being late.

遅れたことをお詫びします。

apologize for losing my temper.

かっとなってしまい(短気を起こしてしまい)、申し訳ございませんでした。

misunderstand「誤解する」

ポイント
「misunderstand」は「誤解する」という意味を持つ動詞です。

Maybe I misunderstood your meaning.

もしかしたら私があなたの意味を誤解していたかもしれません。

 I’m sorry, I must have misunderstood.

申し訳ございません。私が誤解していたに違いありません。

mistake「間違い」、「ミス」

ポイント
「mistake」は「間違い」、「ミス」という意味を持つ名詞です。

I admit my mistake.

私の誤りを認めます。

It’s my mistake.

それは私のミスです。

pardon「許す」、「容赦する」

ポイント
「pardon」は「許す」、「容赦する」という意味を持つ動詞です。(名詞としての意味もあります)

動詞としての「pardon」

Please pardon me for being late.

遅れることをどうかお許しください。

Pardon me for interrupting.

中断させてしまうことをお許しください。

名詞としての「pardon」

 I beg your pardon.

失礼しました。

なお、「 I beg your pardon」は、相手の言ったことが聞き取れなかった場合に「もう一度おっしゃっていただけないでしょうか」という意味としても使います)

関連記事

まとめ

【すぐに使える】お詫びや謝罪の気持ちを伝える英会話(知っておきたい英単語10選とその例文)

  • sorry「申し訳ないと思う」、「悪いと思う」
  • wrong「間違った」、「誤った」、「悪い」
  • forgive「許す」
  • fault「落ち度」、「過失」、「誤り」
  • excuse「許す」、「勘弁する」
  • apology「謝罪」、「お詫び」
  • apologize「謝罪する」、「お詫びする」
  • misunderstand「誤解する」
  • mistake「間違い」、「ミス」
  • pardon「許す」、「容赦する」
かなのん

英単語と例文はセットで覚えてしまいましょう。その他便利な会話表現はぜひこちらをご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です