【すぐ使える】オンライン英会話で講師との会話が弾む6つのコツ

かなのん

今回は、オンライン英会話で講師との会話が弾む6つのコツをご紹介します。

(はじめに)オンライン英会話について

かなのん

オンライン英会話を始めようと思っている方、または始めたばかりの方にとって不安なのが、講師とのコミュニケーションではないかと思います。

ちょっとしたコツやフレーズでお互いの距離がぐっと縮まり、自然と会話が弾むようになります。

そうなるとレッスンがとても楽しいものになりますし、時間が経つのがあっという間に感じます。

英語が苦手だと思っていらっしゃる方もオンライン英会話を1ヶ月でも続けられればバイリンガルの入門者です。

なぜなら、英語だけで講師とコミュニケーションを取ることができ、英語だけでレッスンを完結させることができているからです。

今回は、あなたのオンライン英会話がもっと楽しく充実したものとなるように、講師との会話が弾む6つのコツをご紹介したいと思います。

オンライン英会話で講師との会話が弾む6つのコツ

かなのん

まず音声について説明させてください。

これからご紹介する例文のうち、左側に以下のマークがついているものがあります。

PCの場合はマウスのカーソルを、スマートフォンやタブレットの場合は指を、このマークがある英文に合わせてクリックまたはタップするとマークの色が以下のように変わり、音声が再生されます。

講師の名前を呼んであいさつする

かなのん

通常、まず講師の方から自分の名前を伝え、その後、講師の方があなたの名前を尋ねます。

以下のようなパターンが典型です。

(講師)

Hello. My name is Kate. How may I call you?

(こんにちは。私の名前はケイトです。あなたのことをどのように呼んだらいいですか。(あなたの名前は何ですか))

(あなた)

My name is 〇〇(あなたの名前).

私の名前は〇〇です。

このようにお互いの名前を確認したあとにはたいてい「Nice to meet you.(はじめまして)」であいさつをすることになります。

(講師)

Nice to meet you,

〇〇(あなたの名前).

(はじめまして。〇〇(あなたの名前)さん。)

(あなた)

Nice to meet you, Kate.

(はじめまして。ケイトさん。

ここでのコツが「Nice to meet you.」のあとに講師の名前を加えることです。

これをしている日本の受講者があまり少ないためか、講師の名前を加えてあいさつをするだけで講師の方はとても喜んでくれることが多いです。

あなたも相手から自分の名前で呼んでもらえると嬉しいですよね。その逆をするだけです。

また、講師の中には日本人の受講生に名前を覚えてもらいやすくするために、本名ではなくニックネームを使う方も多いです。

ある講師(男性)の名前は「Prince(王子様)」でした。とてもユニークでしたので、以下のとおり尋ねてみたことがあります。

Is this nickname?

(これはニックネームですか?)

こう聞いたところ、実際に「Prince(王子様)」はニックネームであることが分かりました。

ユニークな名前だと思ったら、それがニックネームなのかどうか尋ねてみるとさらに会話が弾むかもしれません。

And you? で相手にも状況を尋ねる

かなのん

自分のことを気遣ってくれた講師に対して、こちらからも状況を尋ねてみましょう。

はじめに講師の方から

How are you?

調子はどうですか。(ご機嫌いかがですか)

と尋ねられることもあります。

これも一つの定番のあいさつ表現です。

このようにあいさつをされたら次のように返答するのが定番です。

例1

I’m fine, thank you.

調子はいいです。ありがとう。

例2

I’m doing great. Thank you.

とてもいいです。ありがとう。

ここで終わらせるのではなく、次のように続けるのが会話を弾ませるポイントです。

And you?

あなたはどうですか。

こう続けることで、相手にも調子がいいかどうかを尋ねることができます。

多くの場合、講師の方は次のように返してくれます。

(講師)

I’m fine. Thank you for asking.

(調子はいいです。尋ねてくれてありがとう。)

私たちレッスン受講者が、講師がどのような人なのかが気になるように、講師も私たちがどのような人なのかが気になるはずです。

このようにあいさつをすることでお互いに打ち解けることができるようになります。

簡単な近況を話す

かなのん

簡単な近況も話せたら会話が弾みますよ。

講師の中にはこちらの近況を聞いてくる方もいらっしゃいます。

これも英会話のレッスンの一つと考え、尋ねられた近況についても簡単な返答ができるようにしておくと会話が弾みます。

天気について

天気は近況を尋ねるのによく使われます。

日本語でもそうですよね。

(講師)

How is the weather?

(どんな天気ですか?)

(あなた)

It’s sunny.

(晴れています。)

It’s cloudy.

(くもりです。)

It rains.

(雨が降っています。)

食事をしたか

朝のレッスンですと食事をしたかどうか尋ねられる場合もあります。

(講師)

Did you eat breakfast this morning?

(今朝朝食を食べましたか?)

(あなた)

Yes, I did.

(食べました)

No, I didn’t.

(食べていません)

週末に何をしたか

週末に何をしたかを尋ねられる場合もよくあります。

(講師)

How did you spend your weekend?

(週末は何をして過ごしましたか?)

(あなた)

I went outside to meet my friends.

(友だちに会いに外出しました。)

I stayed at home all day.

(ずっと家にいました)

相手にも近況を聞いてみる

かなのん

自分のことばかりではなく、相手(講師)にも近況を聞いてみるとお互いの距離がぐっと縮まります。

特に相手に関心が高いテーマですと喜んで話してくれます。

自分の近況を伝えたあとに、相手の近況を尋ねるのには便利な表現があります。

How about you?

(あなたはどうですか。)

例えば、週末に何をしていたのかを聞かれ、それについて説明したあとにあなたが

How about you?

(あなたはどうですか。)

と言うと「あなたは週末をどう過ごしていたのですか」という意味になります。

また、天気などについて尋ねるときには、「you(あなた)」の代わりに「your country(あなたの国)」に言い換え、

How about your country?

(あなたの国ではどうですか?)

と言うことができます。

「How about 〜」の形はいろいろなバリエーションが可能ですので、使えるようになるととても便利です。

相手の事情に配慮する

かなのん

異国文化や相手の状況に配慮することとも大切です。

オンライン英会話でいろいろな国の方と話していると、日本と他の国とは違うことをあらためて知ることができます。

アフリカの国では必ずしもインターネット接続が良好とは言えないケースがあります。

また、レッスン中に講師の部屋が真っ暗になった時もありました。停電(blackout)が多いそうです。

あるフィリピン人講師とのレッスンでは、鶏の鳴き声がよく聞こえてきました。

尋ねずにはいられなかったので聞いてみたところ闘鶏(鶏同士を戦わせる娯楽)のための鶏を隣の家が飼っているとのことでした。

別のレッスンでは犬の鳴き声が聞こえるときもありました。

英語を学ぶことと同時に、他国の文化を学ぶこともできているのですから「せっかくお金と時間を費やしているのに、停電による中断や外の雑音は不満」と思ってばかりではもったいないです。(程度にもよりますが)

多様性を受け入れるおおらかさや、相手の事情への配慮が、逆にレッスンの会話を弾ませるきっかけになることもあります。

また、特に、ネイティブキャンプの「いつでもレッスン」は、スタンバイ状態にあるとはいえ、講師にとっては不意打ち的にレッスンが始まりますので、講師が準備不足のこともあるかもしれません。

そのような相手の事情に配慮する表現をいくつかご紹介します。

Take your time.

(あせらなくてもいいですよ。ごゆっくり)

Don’t worry.

(気にしないでください。)

Never mind.

(気にしないでください。)

It happens.

(よくあることですね。)

このように相手の事情に配慮することで、講師と受講者との関係を超えた、人と人とのつながりできるでしょう。

感謝の言葉で締めくくる

かなのん

レッスンの終わりは感謝の言葉で締めくくりましょう。

次のように相手に伝えることができたら講師もきっとうれしいでしょう。

I learned a lot from you.

(あなたから多くのことを学ぶことができました)

I appreciate your assistance.

(援助していただき、ありがとうございました。)

Thank you for your support.

(サポートしていただき、ありがとうございました。)

レッスンの最後には講師の方はこう締めくくることが多いです。

Have a nice day!

(良い一日を!)

次のように返答すると相手への気遣いにもなります。

Thank you. You too!

ありがとう!あなたも(良い一日を)!

お互い気持ちよくレッスンを締めくくりたいものですね。

キャンペーン

ネイティブキャンプでは、今なら「7日間無料トライアル」を実施中です。

無料の会員登録中も以下のサービスが適用されますので、7日間たっぷりと試すことができます。

  • 即レッスン・・・予約をしなくてもすぐにレッスンを始められます。好きな時間に好きなだけ、5分や10分だけでも利用できます。
  • 24時間レッスン回数無制限・・・受けられるレッスン回数に上限がないので、何度も繰り返しレッスンを受けることができます。
  • もちろん予約もできます・・・スケジュールを立ててレッスンしたい場合や人気の講師とレッスンがしたい場合などに予約機能が使えます。

「7日間無料トライアル」は以下の公式サイトからお申し込みください。

ネイティブキャンプがおすすめな方

ネイティブキャンプは以下の方におすすめです。

  • オンラインで英会話レッスンを受けたい方
  • とにかくたくさんレッスンを受けたい方
  • 予約なしで24時間いつでもレッスンを受けたい方
  • 世界中の多様な国籍、バックグラウンドの講師陣から学んでみたい方
  • 豊富な教材・コース・自習コンテンツを活用したい方
  • お得な料金でレッスンを受けたい方

ネイティブキャンプのデメリット・注意点

ネイティブキャンプのデメリット・注意点は以下の通りです。

通学は選べない

ネイティブキャンプはオンライン英会話のみになります。通学も併用したいのであれば、Gabaマンツーマン英会話・ECC外語学院などの他のサービスをご検討いただくことになります。

お気に入りの講師・ネイティブ講師とのレッスンなどには別途お金がかかる

お気に入りの講師・ネイティブ講師とのレッスンには別途「コイン」と呼ばれる追加料金が必要です。

また、カランメソッドのレッスンにも「コイン」が必要ですのでご注意ください。

カランメソッド対応のオンライン英会話は他に「QQEnglishオンライン」があります。

おすすめ記事・カテゴリー

最後に

かなのん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ぜひオンライン英会話を活用して英語をレベルアップしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。