【瞬間英作文シリーズ】で英会話力アップ!バイリンガル体感をしよう!

かなのん

今回は、瞬間英作文シリーズのご紹介です。

私の保有資格について確認されたい方はこちらをご参照ください。

英語が話せるようになりたいけど。。。

英語が話せるようになりたい、ペラペラになりたいと思っていてもなかなか思うようにはいかないものです。同じような悩みを抱えているのはあなただけではありません。

どうしても日本人の多くは、日本語でまず考え、それに対応する英語を頭の中で置き換えて英作文をしてしまうのです。

「わたしはいくつかの卵をもらう(I get some eggs.)」を英語で表現したいときに、

「I」が「私」で、「get」が「得る」で、「some」は「いくつかの」だから、、、

という脳内で翻訳作業をしている間に、時間が過ぎ去ってしまうのです。このような場合は、決定的に英会話の瞬発力がないのです

英語の瞬発力をトレーニングしよう!

多くの日本人にとって英会話の瞬発力がないのは仕方のないことです。私も苦労しました。

基本的な英語の文法構造は学校で習っているはずなのに瞬発力がないのは、トレーニングが足りないからです。これまで英語を瞬発的に話す環境になかったのですからやむをえないです。

「トレーニングが足りない」のが英語が話せない理由であれば、トレーニングで補えばいいのです。

頭ではよく分かっている基本的な文法を自由に操作し、英文を考えることなく自動的にラクラクと作り出す能力「英作文回路」を徹底的に鍛えるのが、瞬間英作文シリーズです。

「トレーニング」と聞くとハードルが高そうに聞こえますが、始めは中学生の文法・単語で構成されていますので大丈夫です。

トレーニングを続けることで、いつかは脳内での時間がかかる翻訳作業から解放され、瞬間的に英語が口から出てきます。

そうなったらあなたもバイリンガルの仲間入りです!

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

こちらは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語で構成されていますのでエントリーレベルと言えます。

初めての方はこちらからの学習をおすすめします。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング (日本語) 単行本(ソフトカバー)

こちらは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の応用編です。

前半では文型がシャッフルされた例文を、後半では文型が様々に組み合わさったちょっと長めの例文でトレーニングします。

バンバン話すための瞬間英作文「基本動詞」トレーニング CD BOOK (日本語) 単行本

こちらは「基本動詞」にフォーカスしています。

ネイティブが日常会話で多用している基本動詞を自在に操ることができるよう設計されています。

おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(CD BOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

先ほどご紹介した「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」と同じレベル、同じ文型でのトレーニングです。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のおかわり版です。

おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング(CD BOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

すでにご紹介した「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」のおかわり版です。

レベル的にも「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」と同じです。

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」、「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」とは少し違ったパターンであなたの瞬発力をトレーニングします。

肯定文を疑問文にしたり、主語や動詞など部分的に文の一部を入れ換えて、それに瞬間的に反応してスピーディーに英作文にしていくトレーニングを行います。

プラスで必要なのは根気と時間

ご紹介した書籍は1冊あたり2,000円程度ですので、これで英語が話せるようになるのであればコストパフォーマンスに優れているかもしれません。

しかしながら、買ったけど何もしないまま、あるいは1日、2日程度学習しただけではスラスラと英語が話せるようにはなりません。

ご紹介した書籍にプラスで必要なのは根気と時間です。

まずは1冊手にとって本書の記載のとおりにやり抜いてみてください。きっとあなたの英会話力が、やる前に比べて上達したことが実感できるはずです。

英語学習のモチベーションアップについては関連記事でもご紹介していますので合わせてご覧いただければと思います。

おすすめ記事・カテゴリー

かなのん

いかがでしたでしょうか。ぜひ1冊お試しください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です